2010年07月29日

更新履歴です。

まだ大阪弁の聖書の翻訳が進んでおらず、すみません。
現在の更新状況は、マルコ福音書の1章
posted by 雲雀 at 01:59| 感想・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

北の大阪弁による聖書(マルコ福音書)を書いていきます。

書店でコテコテの大阪弁の聖書を見ました。面白い内容ですが、
大阪人の僕(大阪府豊中市で生まれ育ち、学校は兵庫県宝塚市)としてはかなり違和感がありました。
ちょっと大阪弁らしくしすぎるように思えました。
それで僕が普通に使う大阪弁で聖書を訳せばどうなるか挑戦しようと思います。
まずマルコ福音書の翻訳を始めます。
ギリシャ語底本と新約聖書ギリシャ語辞典と僕の感性で翻訳しています。
またウエブ上には多くの大阪弁変換サイトがありますが、
そういうものを使わない方が、自然な大阪弁になると思うので、ラクをしないで頑張って翻訳します。
posted by 雲雀 at 13:00| 感想・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。